ラヴェーゼ 解散のお知らせ


平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。
この度ラヴェーゼは、2021年11月16日(火)池袋BlackHole最終単独公演
「End of Abyss」をもちまして解散する事となりました。
約5年間ご支援いただきましたお客様及び関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

以下各メンバーのコメントとなります。

———————————————–
紗弥 -saya-
この度ラヴェーゼは2021.11.16をもちまして解散致します。
いつも支えてくださる契約者達、関係者の方々、そしてどんな壁も力を合わせて共に乗り越えてくれたメンバー達のおかげで5年間活動してこれました。
本当にありがとうございました。
悔いが残らないように最後まで全力で歌い叫びます。
ラヴェーゼの楽曲が契約者達の心に生き続ける事を願っております。
そしてまた皆んなと逢えるのが必然でありますように。
最後の契約日までどうぞよろしくお願い致します。

———————————————–
凪斗-nagito-
まずは、悲しい思いや辛い思いをさせてしまって本当にごめんなさい。
解散という決断をしてから、まだ実感もあまり無く、整理もついていないというのが正直なところです。
どう伝えようかと悩めば悩むほど、飾り付けられた文字列になってしまう気がするので、改めて自身の”声”で伝えさせてください。
残り限られた時間、今まで以上に大切に、少しでも長く一緒に過ごせたら、ひとつでも多くかけがえのない思い出を創れたらと思うのはオレの我儘かもしれませんが、もう少しだけお付き合いいただけたら嬉しいなって思います。

———————————————–
聖薇-serah-
2016年~2021年の約5年間、「深淵への契約」をコンセプトに活動してきたラヴェーゼは2021年11月16日に幕を閉じます。

メンバーそれぞれが思い描いた結果を出すことができなかったことが解散の大きな理由です。

今は、この5年間毎日向き合ってきたものが無くなることにまだ実感が湧きませんが、活動を通じて良い事も悪い事も沢山経験をさせていただき、メンバーや関係者、応援してくれている契約者達には感謝しています。

創り出した楽曲やライブの空間、みんなと共に夢を見ることができた日々は、私にとって消えることのない、かけがえのないものです

私はラヴェーゼを最後のバンドにしようと考えて活動していたので、今後音楽活動をすることはないかもしれません。

みんなと一緒に目指した夢の多くは叶わなくなってしまったことに、悔しい気持ちや申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ただ、その夢が終わることになっても最後まで全力を尽くす意思に変わりはありません。

11月16日の最後の時まで、自分達にしか創ることのできない深淵の世界を表現していきます。

あらためて、今まで応援していただいた1人1人に感謝します。
残された時間はわずかですが、大切な決断をした4人の姿を最後まで見届けて下さい。

———————————————–
大和-yamato-
残念な結果になってしまって本当にごめんね。ただ一つ言えることはみんなが居てくれたから今の俺らがある。そんな契約者を誇りに思うよ。ありがとう。

———————————————–